ブログパーツ

トマゾ・アルビノーニ - Albinoni

Classical Music

Classical Music Sound Library

Original MIDI Files - Free mp3 Downloads

トマゾ・アルビノーニ (1671-1751)

Tomaso Giovanni Albinoni

トマゾ・ジョヴァンニ・アルビノーニ(Tomaso Giovanni Albinoni, 1671年6月8日 ヴェネツィア - 1751年1月17日 ヴェネツィア)は、イタリア・バロック音楽の作曲家。作曲家としての生前の地位のわりには、生涯についてはほとんど分かっていない。裕福なヴェネツィア貴族の家系に生まれ、父アントーニオ(1634年 - 1709年)は紙商人でもあった。ヴァイオリンと声楽を学ぶ。
生前はオペラ作曲家として著名であったが、今日はもっぱら器楽曲の作曲家として記憶され、そのうちいくつかは頻繁に録音されている。『アルビノーニのアダージョ』は、後にレモ・ジャゾットによって捏造されたまがいもので、本人とは関係がない。

レモ・ジャゾット(Remo Giazotto, 1910年9月4日 ローマ – 1998年8月26日 ピサ)はイタリアの音楽学者で、トマゾ・アルビノーニの系統立った作品目録を作成したことでとりわけ名高い。また、アルビノーニののほかに、アントニオ・ヴィヴァルディなどの評伝を執筆した。
ジャゾットは、ザクセン国立図書館から受け取ったアルビノーニの自筆譜の断片を編曲したと称して、《ト短調のアダージョ》を出版した。この作品が《アルビノーニのアダージョ》として親しまれるようになると、ジャゾットの名もアダージョの編曲者としてとりわけ有名になった。
ジャゾットは、自分は編曲したのであって、作曲したのではないと言い張ったが、現在では完全なジャゾットの創作であることが判明している。自筆譜の断片が公表されたためしがなく、ジャゾットはバス声部のみが該当の部分だと述べており、しかもこの曲の版権はジャゾットが持っていたのである。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』


Albinoni