ブログパーツ

ヨハン・セバスチャン・バッハ - J.S.Bach

Classical Music

Classical Music Sound Library

Original MIDI Files - Free mp3 Downloads

ヨハン・セバスチャン・バッハ (1685-1750)




LinkIcon管弦楽組曲 第2番 ロ短調 BWV1067 7. バディネリ
LinkIcon管弦楽組曲 第3番 ニ長調 BWV1068 2. アリア (G線上のアリア)LinkIconYouTube
LinkIcon管弦楽組曲 第3番 ニ長調 BWV1068 2. アリア (G線上のアリア) [新録音2012]

LinkIcon平均律クラヴィーア曲集 第一巻 第1番 ハ長調 BWV846 : プレリュード
LinkIcon平均律クラヴィーア曲集 第一巻 第24番 ロ短調 BWV869 : プレリュード&フーガ

LinkIconブランデンブルク協奏曲 第3番 ト長調 BWV1048 第1楽章 アレグロ
LinkIconブランデンブルク協奏曲 第5番 ニ長調 BWV1050 第1楽章 アレグロ
LinkIconブランデンブルク協奏曲 第5番 ニ長調 BWV1050 第3楽章 アレグロ

LinkIconゴールドベルグ変奏曲 BWV988 2. アリア
LinkIconイタリア協奏曲 ヘ長調 BWV971 1. アレグロ

LinkIconインヴェンション 第1番 ハ長調 BWV 772

LinkIcon無伴奏チェロ組曲 第1番 ト長調BWV1007 1. プレリュード
LinkIconリュート組曲 第3番 イ長調 BWV995 5. ガヴォット
LinkIconイギリス組曲 第2番 イ短調 BWV807 1. プレリュード

LinkIcon無伴奏ヴァイオリン パルティータ 第2番 ニ短調 BWV1004 3. サラバンド
LinkIcon無伴奏ヴァイオリン パルティータ 第2番 ニ短調 BWV1004 5. シャコンヌ
LinkIcon無伴奏ヴァイオリン パルティータ 第3番 ホ長調 BWV1006 3. ガヴォット

LinkIcon2つのヴァイオリンのための協奏曲 ニ短調 BWV1043 第1楽章
LinkIcon2つのヴァイオリンのための協奏曲 ニ短調 BWV1043 第2楽章
LinkIcon2つのヴァイオリンのための協奏曲 ニ短調 BWV1043 第3楽章

LinkIconピアノ協奏曲 第1番 ニ短調 BWV1052 1. アレグロ
LinkIconピアノ協奏曲 第1番 ニ短調 BWV1052 3. アレグロ

LinkIconピアノ協奏曲 第5番 ヘ短調 BWV1056 2. ラルゴ (アリオソ)
LinkIconフルートソナタ 第2番 変ホ長調 BWV1031 2. シチリアーノ

LinkIconマタイ受難曲 No.39 「憐れみたまえ、我が神よ」 BWV244
LinkIconマタイ受難曲 No.39 「憐れみたまえ、我が神よ」 BWV244 [新録音2016]

LinkIconメヌエット ト長調 BWV.Anh.114、ト短調 BWV.Anh.115
LinkIconメヌエット ト長調 BWV.Anh.114、ト短調 BWV.Anh.115(ギター版)

LinkIcon最愛なるイエスよ、我らここに集いて BWV.731
LinkIcon羊は安らかに草を食み BWV.208

LinkIconカンタータ 第106番 《神の時こそ、いと良き時》 1. ソナティーナLinkIconYouTube
LinkIconカンタータ 第106番 《神の時こそ、いと良き時》 1. ソナティーナ [ピアノ版]
LinkIconカンタータ 第140番 1. 目覚めよと呼ぶ声あり BWV.140
LinkIconカンタータ 第140番 4. シオンは物見らが歌うのを聴く BWV.140
LinkIconカンタータ 第140番 4. シオンは物見らが歌うのを聴く BWV.645 [ギター版]
LinkIconカンタータ 第146番 1. シンフォニア BWV.146
LinkIconカンタータ 第147番 6. 主よ、人の望みの喜びよ BWV.147
LinkIconカンタータ 第147番 6. 主よ、人の望みの喜びよ BWV.147 [2017]

LinkIcon小フーガ ト短調 BWV578
LinkIconトッカータとフーガ ニ短調 BWV565

Johann Sebastian Bach

ヨハン・ゼバスティアン・バッハ(Johann Sebastian Bach, 1685年3月21日(ユリウス暦) - 1750年7月28日)は、18世紀に活動したドイツの作曲家である。音楽史上における存在の大きさから、「音楽の父」と称されることもある。ベートーヴェン、ブラームスとともに“ドイツ三大B”と呼ばれる。
バッハ一族は音楽家の家系で、その他のバッハとの混乱を避けるためにJ.S.バッハと略記することがある。また、バッハ家でもっとも偉大であるという意味で大バッハという呼び名も古くから使われる。
バッハ家は、ドイツ中部テューリンゲン地方で代々音楽を職業とした一族であった。 約2世紀半の間にバッハ家が輩出した音楽家は約60人に達し、遺伝学の研究対象とされたこともある。

バッハは幅広いジャンルにわたって作曲を行い、オペラ以外のあらゆる曲種を手がけた。その様式は、通奏低音による和声の充填を基礎とした対位法的音楽という、バロック音楽に共通して見られるものであるが、特に対位法的要素を重んじる傾向は強く、当時までに存在した音楽語法を集大成し、さらにそれを極限まで洗練進化させたものである。
従って、バロック時代以前に主流であった対位法的なポリフォニー音楽と古典派時代以降主流となった和声的なホモフォニー音楽という2つの音楽スタイルにまたがり、結果的には音楽史上の大きな分水嶺のような存在となっている。
バッハはドイツを離れたことこそなかったが、勉強熱心で幅広い音楽を吸収した。とりわけ、古典派のソナタにも比すべき論理性と音楽性を持つフーガの巨匠として名高い。
現代においてもなお新鮮さを失うことなく、ポップスやジャズに至るまで、あらゆる分野の音楽に応用され、多くの人びとに刺激を与え続けている。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』


bach_r.jpg