ブログパーツ

ヨハネス・ブラームス - Brahms

Classical Music

Classical Music Sound Library

Original MIDI Files - Free mp3 Downloads

ヨハネス・ブラームス (1833-1897) Johannes Brahms

LinkIcon交響曲 第1番 ハ短調 Op.68 1. Un poco sostenuto - Allegro - Meno allegro
LinkIcon交響曲 第1番 ハ短調 Op.68 1. Un poco sostenuto - Allegro - Meno allegro [新録音2013]
LinkIcon交響曲 第1番 ハ短調 Op.68 1. Un poco sostenuto - Allegro - Meno allegro [新録音2019][AR]

LinkIcon交響曲 第1番 ハ短調 Op.68 2. Andante sostenuto
LinkIcon交響曲 第1番 ハ短調 Op.68 3. Un poco allegretto e grazioso

LinkIcon交響曲 第1番 ハ短調 Op.68 4. Adagio - Piu andante - Allegro non troppo, ma con brio
LinkIcon交響曲 第1番 ハ短調 Op.68 4. Adagio - Piu andante - Allegro non troppo, ma con brio [2013]
LinkIcon交響曲 第1番 ハ短調 Op.68 4. Adagio - Piu andante - Allegro non troppo, ma con brio [2019][AR]
LinkIcon交響曲 第1番 ハ短調 Op.68 4. Allegro non troppo, ma con brio [CODA]

LinkIcon交響曲 第2番 ニ長調 Op.73 1. Allegro non troppo
LinkIcon交響曲 第2番 ニ長調 Op.73 2. Adagio non troppo
LinkIcon交響曲 第2番 ニ長調 Op.73 4. Allegro con spirito

LinkIcon交響曲 第3番 ヘ長調 Op.90 1. Allegro con brio-Un poco sostenuto
LinkIcon交響曲 第3番 ヘ長調 Op.90 1. Allegro con brio-Un poco sostenuto [新録音2014]
LinkIcon交響曲 第3番 ヘ長調 Op.90 3. Poco Allegretto

LinkIcon交響曲 第4番 ホ短調 Op.98 1. Allegro non troppo
LinkIcon交響曲 第4番 ホ短調 Op.98 1. Allegro non troppo [新録音2013]
LinkIcon交響曲 第4番 ホ短調 Op.98 2. Andante moderato
LinkIcon交響曲 第4番 ホ短調 Op.98 3. Allegro giocoso
LinkIcon交響曲 第4番 ホ短調 Op.98 4. Allegro energico e passionato Piu Allegro

LinkIcon大学祝典序曲 Op.80
LinkIcon悲劇的序曲 Op.81

LinkIconヴァイオリン協奏曲 ニ長調 Op.77 3. Allegro giocoso,ma non troppo - Vivace

LinkIconハンガリー舞曲 第5番 ト短調

LinkIcon間奏曲 イ長調 Op.118-2
LinkIcon4つの小品 : 間奏曲 ロ短調 Op.119-1

LinkIconパガニーニの主題による変奏曲 Op.35
LinkIconワルツ 第15番 変イ長調 Op.39-15
LinkIconワルツ 第15番 変イ長調 Op.39-15 [新録音2017]

LinkIcon5つの歌曲 Op.49, 4. 子守歌

LinkIconヴァイオリンソナタ 第1番 ト長調 Op.78 "雨の歌" 1. Vivace ma non toroppo

LinkIcon弦楽六重奏曲 第1番 変ロ長調 Op.18 2. Thema con variazioni Andante,ma moderato
LinkIcon主題と変奏 ニ短調 Op.18b (弦楽六重奏曲第1番 第2楽章 ピアノ独奏版)

Johannes Brahms

ヨハネス・ブラームス(Johannes Brahms, 1833年5月7日 - 1897年4月3日)は、19世紀ドイツの作曲家、ピアニスト、指揮者。バッハ(Bach)、ベートーヴェン(Beethoven)と共にドイツ音楽に於ける「三大B」と称される一人である。ハンブルクに生まれ、ウィーンに没した。
作風は概ねロマン派音楽の範疇にあるが、古典主義的な形式美を尊重する傾向も強い。多くの人は、ブラームスをベートーヴェンの後継者として捉えており、指揮者のハンス・フォン・ビューローは彼の交響曲第1番を「ベートーヴェンの交響曲第10番」と評した。
ブラームスの主要作品には、4つの交響曲、2つのピアノ協奏曲、ヴァイオリン協奏曲、合唱と管弦楽のための『ドイツ・レクイエム』などがある。これらの作品は世界各地のオーケストラで、現在でも主要な演奏レパートリーとして取り上げられている。

また変奏曲の大家でもあり、管弦楽曲『ハイドンの主題による変奏曲』、ピアノ独奏曲『ヘンデルの主題による変奏曲とフーガ』、『パガニーニの主題による変奏曲』などがある。小品も数多く作曲しており、多くの室内楽作品と、独奏のためのピアノ作品がある。
さらには、最大の声楽の作曲家の一人であるという意見もあり、実際に200の歌曲や合唱曲を書いている。しかし、ブラームスは歌劇を書くことはなく、また19世紀の音楽を特徴付ける交響詩には手を染めなかった。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』


Brahms-02.jpg