ブログパーツ

フレデリック・ショパン - Chopin

Classical Music

Classical Music Sound Library

Original MIDI Files - Free mp3 Downloads

フレデリック・ショパン (1810-1849)




LinkIconピアノ協奏曲 第1番 ホ短調 Op.11  1. Allegro maestoso
LinkIconピアノ協奏曲 第1番 ホ短調 Op.11  2. Romanze, Larghetto
LinkIconピアノ協奏曲 第1番 ホ短調 Op.11  3. Rondo, Vivace

LinkIconピアノ協奏曲 第2番 ヘ短調 Op.21  2. LarghettoLinkIconYouTube

LinkIconノクターン 第1番 変ロ短調 Op.9-1
LinkIconノクターン 第2番 変ホ長調 Op.9-2
LinkIconノクターン 第2番 変ホ長調 Op.9-2  [新録音2013]
LinkIconノクターン 第5番 嬰ヘ長調 Op.15-2
LinkIconノクターン 第8番 変ニ長調 Op.27-2
LinkIconノクターン 第13番 ハ短調 Op.48-1
LinkIconノクターン 第15番 ヘ短調 Op.55-1
LinkIconノクターン 第19番 ホ短調 Op.72-1
LinkIconノクターン 第20番 嬰ハ短調

LinkIconエチュード 第1番 ハ長調 Op.10-1
LinkIconエチュード 第3番 ホ長調 Op.10-3 "別れの曲"
LinkIconエチュード 第4番 嬰ハ短調 Op.10-4
LinkIconエチュード 第5番 変ト長調 Op.10-5 "黒鍵"
LinkIconエチュード 第12番 ハ短調 Op.10-12 "革命"
LinkIconエチュード 第13番 変イ長調 Op.25-1 "エオリアンハープ"
LinkIconエチュード 第23番 イ短調 Op.25-11 "木枯らし"
LinkIconエチュード 第24番 ハ短調 Op.25-12 "大洋"

LinkIconポロネーズ 第3番 イ長調 Op.40-1 "軍隊"
LinkIconポロネーズ 第6番 変イ長調 Op.53 "英雄"
LinkIconポロネーズ 第7番 変イ長調 Op.61 "幻想"

LinkIcon前奏曲 第4番 ホ短調 Op.28
LinkIcon前奏曲 第7番 イ長調 Op.28-7
LinkIcon前奏曲 第15番 変ニ長調 Op.28 "雨だれ"LinkIconYouTube
LinkIcon前奏曲 第20番 ハ短調 Op.28
LinkIcon前奏曲 第20番 ハ短調 Op.28 [2019][AR]

LinkIconワルツ 第1番 変ホ長調 Op.18 "華麗なる大円舞曲"
LinkIconワルツ 第6番 変ニ長調 Op.64-1 "子犬のワルツ"
LinkIconワルツ 第7番 嬰ハ短調 Op.64-2
LinkIconワルツ 第9番 変イ長調 Op.69-1 "別れのワルツ"
LinkIconワルツ 第13番 変ニ長調 Op.70-3
LinkIconワルツ 第14番 ホ短調 [遺作]

LinkIconバラード 第1番 ト短調 Op.23
LinkIconバラード 第3番 変イ長調 Op.47

LinkIconピアノソナタ 第3番 ロ短調 Op.58  1. Allegro maestoso
LinkIconピアノソナタ 第3番 ロ短調 Op.58  2. Scherzo:Molto vivace

LinkIcon子守歌 変ニ長調 Op.57
LinkIcon舟歌 嬰ヘ長調 Op.60

LinkIconマズルカ 第13番 イ短調 Op.17-4
LinkIconスケルツォ 第2番 変ロ短調 Op.31

LinkIcon幻想即興曲 嬰ハ短調 Op.66
LinkIcon幻想即興曲 嬰ハ短調 Op.66 [2019][AR]

LinkIconアンダンテ・スピアナートと華麗なる大ポロネーズ

Frédéric François Chopin

フレデリック・フランソワ・ショパン (Frédéric François Chopin, ポーランド名: フリデリク・フランツィシェク・ショペン Fryderyk Franciszek Chopin, 1810年3月1日(2月22日(出生証明の日付)、1809年3月1日説あり) - 1849年10月17日)はポーランド出身の前期ロマン派音楽を代表する作曲家である。当時のヨーロッパにおいてもピアニストとして、また作曲家として有名であった。
その作曲のほとんどをピアノ独奏曲が占め、ピアノの詩人とも呼ばれるように、様々な形式、美しい旋律、半音階的和声法などによってピアノの表現様式を拡大し、ピアノ音楽の新しい地平を切り開いた。ノクターンやワルツなど、今日でも彼の作曲したピアノ曲はクラシック音楽ファン以外にもよく知られており、ピアノの演奏会において取り上げられることが最も多い作曲家の一人でもある。

生涯を通じて肺結核に悩まされた病弱の芸術家であり、残された肖像画などからも、赤みがかった頬等、その徴表が見られるが、そうした繊細なイメージとよくマッチした作風のものばかりでなく、そうした自らの中の閉塞感を打破しようとする想いや大国ロシア帝国に蹂躙される故国ポーランドへの想いからか、情熱的な作風の曲も多く見られる。
後半生は大部分をフランスで過ごした。しかし望郷の思いは終生止むことがなく、死後心臓が遺言によりポーランドに持ち帰られ、ワルシャワの聖十字架教会に埋葬された。故郷を支配する列強への反発心は若い頃から強く、「美しい花畑の中に大砲が隠されている音楽」(シューマン)と評されることもしばしばである。

また、女性との愛の遍歴も伝説を交えて語られることがあるが、特に女流作家ジョルジュ・サンドとの9年におよぶ交際の間には『24の前奏曲集』、『幻想曲』、『バラード第4番』、『英雄ポロネーズ』、『舟歌』、『幻想ポロネーズ』等数多くの傑作が生まれた。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』


Chopin-06.jpg